+ えっちゃん農園

出来事7


情報量の多さから、画像のダウンロードの時間がかかっているようです。
2018年から記事を分割し、2ページ目とし、その後、毎年ページを更新
そして、今回2024年を8ページ目としました。
今後とも、よろしくお願いします。

えっちゃん農園そしてえっちゃんの周りで起こる出来事のトピックス的なものを紹介します。
えっちゃんは、いまだブログを持っていませんので、ブログ替わりです。

 

2024年

「年末・年始」
2023年、農園では平穏無事に、アッと言う間に、過ぎ去りました。
はてさて、2024年は、どのような年になるのでしょうか。
(年末)
年末にやるのは、毎年行う恒例の日の入りの撮影。
確か、昨年は、見事に、撮影出来たとの記憶が。さて今年は?
当日は朝から雨。ダメかと思いきや、昼頃には太陽が!
ヤッターと思ったのですが、夕方には雲が!からかっているのか?!?!
写真のやや白いあたりに、日の入りなのですが・・・。
夜は、これも恒例の年越し蕎麦を食べるのが、年末のしきたり。
いつもは、7時頃なのですが、今年は5時。理由は不明。
はてさて、この後は、何を・・・・・・?
           (日の入り)                                                       (年越し蕎麦)
年1  年2
(年始)
元旦にまずやるのは、これも恒例の日の出の撮影。
昨年は、写せたのは写せたのですが、相当、日が昇っていた記憶が!?
今年は、やりました!!丁度、昇り始めた時に、定位置に到着。
撮影成功!・・・と言いたい所ですが、腕の方が・・・。
部屋に戻ると、これも恒例のおせち料理が!
それも、歯の悪いえっちゃんの為、それなりの工夫がされたものが!!
ありがとりう!!美味しくいただきました。
数年前までは、子供たちも集まり、賑やかだったのですが・・・。
はてさて、この後は、何を・・・・・・?
           (日の出)                                      (おせち料理)
年3  年4
(その後は)
年末、年越し蕎麦を食べた後は、いつもの紅白歌合戦を!
ただ、始まると、知らない歌手が知らない歌を!
今年も、懐メロやっているチャンネルと交互に!
紅白の知っている歌手の登場順を、新聞で確認しつつ・・・。
一日は、おせち料理を食べた後は、社会人の駅伝を!!
応援する旭化成は、3位と大健闘! 満足、満足!!
二日、三日は、学生の箱根駅伝を見るのが、これも恒例。
応援するのは、早稲田。こちらも、八位とまずまず。
毎年、正月三ヶ日は、駅伝三昧なのですが・・・。
阪神大震災の時、大阪に居た身としては、
能登地方の方々のことを思うと・・・・・・・。
                  (紅白);                                                (駅伝)
 年5  年6

「冬の農園」
季節によって、次々と姿を変えていくのが、えっちゃん農園。
さて、この寒い冬の中、どのような姿に!?!
(東側)
農園の風景を見る時には、東側から始めるのが、長年の恒例。
さて、この寒空の中、どの様な??
向かいの森が、随分、近く見えるのは、目の錯覚か!?!
土色と緑の対比が、このような現象を??
それではと、急いで、東側に回り、農園の姿を!!
期待通り、そこにはありました。ポツンと一軒家が!!!
真に、荒野にたたずむ、開拓農民の住いが!!
そして、自慢の東南の垣根も、くっきりと!!
           (東側を)                                                       (東南から)
年1  年2
(南側)
期待に胸を膨らませ、南西に回ると・・・・。
有りました! 有りました!! ポツンと一軒家が!!!
森の端に、更にポツン感をました開拓農民の住いが。
ここで、いつも思うのが、左端に映る人工物。うーん!!
農園に戻り、南側を見ると・・・・。
そこには、広々とした荒野。農民が開拓したのでしょう。
農園開設時、近所の長老に聞いたのですが・・・。
一帯は、この農園の所有だったとの事。
真に、開拓農民だったのです。本当に、凄い!!!
           (南西から)                                      (南側を)
年3  年4
(西側)
西側から、農園を見ると、そこには、一本の道が!!
開拓農民が、荒野の中、農園へと戻った道が。
見事に水平に伸びた垣根が、迎えてくれています。
農園に戻り、西側を見ると、アレ・・・?
隣のお家を見ると、いつものポツン感がない?!?!
どうやら、大木の落葉で、左の端に、大きく人工物が見える為??
農園開設時には、あまりなかったのですが・・・。
時代の流れで、仕方がないのでしょうが、寂しい!!!
                  (西側から);                                                (西側を)
 年5  年6

「たき火」
農園では、一年に一度必ずやることがあります。
それは、この寒い冬空の下で行うたき火です。
(対象)
燃やす対象の一つは、比較的燃えやすい木の枝。
昨年、木の剪定に精を出したので、比較的多い感じ。
細いもの、太いもの、長いもの、短いかいものと多様。
もう一つの山は、葉っぱがついいた短い枝。
昨年の11月、東側の垣根を剪定した際に出たもの。
いつもは、この他に、竹の山が出るのですが・・・。
昨年の春のタケノコの大不作の影響で、良いのか、悪いのか・・。
使い物にならないサクサクの竹が、まったく有りません。
           (木の山)                                                       (葉付き枝)
年1  年2
(開始)
いよいよ、たき火の開始です。問題となる天候は、最適!
微風、且つ竹やぶと木々がガードしてくれる北西の風。
ポツンと一軒家ですが、毎年、火の粉には、最善の注意を!!
まずは、一本も芽生えなかった小松菜の畝に、穴を!
そして、その掘った穴に、葉っぱの付いた枝を!!
地面の冷たさを、少しは防ぐ為。効果があるかは・・?
新聞紙を種火にして、火を起こし、細い枝から燃やしの開始。
流石に燃えやすく、随分とはかどりました。
炎も比較的小さく、一安心!!!
           (穴を)                                      (細い枝から)
年3  年4
(次に)
細い枝が燃え終わる、次には、太い枝の燃やし開始です。
流石に、アッと言う間にとは、行きません。
ただ、心配していた炎は、それ程でもなく、助かりました。
炎が弱まった頃を見測り、残った葉付き枝を投入。
全ての対象を燃やし終わり、火が見えなくなるまで、見張り!!
火が見えなくなった所で、上に土を掛け終了!
やはり、竹が無いだけに早く、準備を含め、一時間半の作業でした。
その日は、一、二時間置きに、異常がないかチェックし、全終了!!!
                  (太い枝を);                                                (土を)
 年5  年6


「雪!」
一年振りに、農園にも、それなりの積雪が!
この暖冬の中、降っても積もらないのでは・・・?
(東側)
朝起きて、玄関の戸開けると、そこには、それなりの積雪が!
慌てて、長靴を履き、東側に回ると、雪の世界が!
まず目が向いたのは、野菜君達の様子。
すっかりと雪を被っており、姿が見えず! 大丈夫??
彼らの生命力に期待し、いつもの様に、遠くを!!
向こうの森の距離感はいかにと目凝らすも・・・。
意外と近くには見えない!一色の場合は、近くに見えるのだが??
どうやら、向こうの森の緑が暗い所為・・・?
           (畑)                                                       (東側を)
年1  年2
(南と西側)
畑から南側を見ると、真に銀色の世界!
雪により、デコボコも消え、平坦な一枚の白!!
いつもは、遠くに見える、向こうの家が近くに!
農園に戻り、西側に回り、お隣を見ると・・・・。
有りました!そこには、見事なポツンと一軒家が!!
負けました! 一年に一度ですが、ポツン感負けです。
雪の所為か判らないのですが・・・。
どうやら、いつも妨害する人工物が、目立たない為の様。
           (南側を)                                      (西側を)
年3  年4
(北側)
続いて、北側に回り、道路の様子を見ると・・・。
心配する程の量でなく、一安心。
一昨年程のひどい事はなく、雪?き不要と判断。
更に、誰かが、歩行部分を雪?き済み!?
はてさて、誰かとは・・・・・・・・???
ガレージの前に戻り、振り返ると・・・。
そこには、それなりの雪景色が!!!
この程度で終った幸せを感じながら、しばし眺めていました。
                  (北側);                                                (ガレージ前から)
 年5  年6

「脱出!」
昨年2月以来、一年振りに、町からの脱出です。
さてさて、何処に、何の目的で?!?
(まずは)
向かう所は、いつも買い物する駅前広場。
まずは、買い物する時、必ず訪れるスーパーに自転車を!
ただ、今日は、中に入らず、駅の方に向かいます。
そうです!今日は、一年振りに、電車に乗るのです!
通勤時代は、左端に写る自転車置きに置き、駅に向かったものです。
当時は、勿論、車内は一杯で、立ち位置キープもやっかいでした。
今回は、当時を思い出しながら。悠々と座ります。
さて、何処まで・・・・・??
           (駅前)                                                       (電車で)
年1  年2
(目的の駅)
ただ、ゆっくりとは・・・。アッと言う間に目的の駅に到着。
何しろ、乗るのは、たった二駅だけですから。
これでは、市からの脱出は、どう考えても、到底不可能。
通勤当時は、この駅で乗り換え、一時間以上掛け、都内に!!。
電車を降り、駅を出て、振り返ると・・・。
そこには、可愛い感じの!!反対側の出入口は、立派ですので、念の為! 
駅からは、バスを利用し、目的地に向かいます。
勿論、当然のことながら、こちらも、一年振り!!
           (出入口)                                      (バスで)
年3  年4
(目的地)
バスの方も、十分も掛からず、目的地の停留所に到着。
ここからは、歩いて!5分も掛からず、目的のビルが!
そうです! 目的地は、税務署!!一年振りの訪問です。
税務署に一年振りと言えば・・・? 画定申告!!
中に入ると、昨年同様、申告者は 疎ら! はてさて???
アッと言う間に申告が終わり、駅前に戻り、いつもの銀行回り。
また、電車で町に戻り、自転車を置いたスーパーに!!
ここでの買い物で、本日の目的、全て完了。ヤッター!!
                  (目的地);                                                (申告を)
 年5  年6

「春のきざし」
今年は、季節感が変になる温度変化でした。
ただ、必ず、待ち遠しい春は、必ず来ます。
(まず)
一月下旬、最初に花を見つけたのは、ガレージ前。
いつもの一番バッター。そうです!蝋梅の花。
毎年、真冬に花を咲かせ、こちらを狼狽させます。
ある年には、雪の中で咲いてた、微かな記憶が・・・。
振り返り、垣根の下を見ると、同じく早い、スイセンの花が!
流石に、スイセンにとっては、やや早いのでしょうか。 疎ら!!
グミの木の下には、スイセンの花壇があるのですが・・・。
こちらの方は、垣根の下よりも、疎らでした。
           (蝋梅)                                                       (スイセン)
年1  年2
(二月上旬)
二月に入り、スイセンの花壇を見に行くと・・・。
あまり見かけない花を発見! うーん、何?!?
調べてみると、ツルニチニチソウと言う草。
良く見ると、そこらそこらに! 雑草??。
可愛いから、まあ良いかと畑の方に回ると・・・・。
何と、何と、小梅の木に、一杯の花が!!!! 
この小梅の木は、近年、ほとんど花を付けず、枯れる寸前!
感激です。復活、おめでとう!今後も、頑張って!!!
           (ツルニチニチソウ)                                      (小梅)
年3  年4
(二月下旬)
二月も下旬にかかる頃、フっと気が付いたのが・・・。
廊下前の植木鉢の群。全てで、50鉢を越えていますが・・。
その中の一つだけに花が!それも玄関前の鉢に!
花の名は、アリッサムということですが・・・・。
同じ頃、遂に本命の花が、農園に登場!!
竹藪の入り口にある椿に、花が咲きました。
急いで、西側の椿の垣根を見に行くと、花は、一個もなし!
その代わり、地面に、二個の花が落ちていました。
椿にとり、今年の温度変化は、過酷だったのでしょうか?
是非、穏やかな春となる事を!!!!
                  (目的地);                                                (申告を)
 年5  年6

「また、雪!」
何と、またまた、雪!! 今は、何月?!?
日本の四季は、春夏秋冬から、冬春冬春夏秋に変更?!?
(まずは)
春のきざしの後に、雪の記事を書くことに、なろうとは・・・・。
それも、前回よりも、はるかに大量の雪が!!
まずは、庭の様子を見に行くと、素晴らしい景色が!
まさに、雪の庭園!前回は、撮影する.ほどには・・・。
次は、喫煙所前の垣根の水平線ですが・・・。
ガッカリ!! 牡丹餅状態の積もり具合。水平線は、何処に?!
どうやら、枝を押し下げて、積もった模様。.ガッカリ!!
           (庭)                                                       (水平線)
年1  年2
(東と南)
定番のパターンで、東側へ。当然のことに、畑は雪。
いつもの様に、遠くを眺めると・・・・。
そこには、いつも以上に、ポツン感一杯の向かいの森が!
どうやら、周りの家が、雪を被り、背景化している事が・・・。
同じ位置から、南側を眺めてみると・・・。
そこには、まるで雪国が!!東側と同様、家の背景化が要因? 
しばし、たたずみ、眺めていました。雪を楽しめる幸せ、感じながら。
           (東側)                                      (南側)
年3  年4
(西と北)
続いて、西側を見ると、完全に負けました。
お隣は、更に、ポツン感、満々の状態。
原因は、東と南と同様の理由!人工物が、完全に背景と同化!
ただ、えっちゃんは、知っています。森と家は、所有者が違うことを!!
・・と、負け惜しみを言いながら、北へ!
北側の公道は、何故か、前回と同様か、それ以下!!
歩く人が通るには、十分と思われ、前回同様、雪?き不要と判断。
これで、雪の観察終了!雪は、もう結構ですので、是非、春に!!!!
                  (西側);                                                (北側)
 年5  年6

「桜!」
今年の気候は、異常な状態。暑くなったり、寒くなったり。
春から冬に戻ったり、春を飛び越し、夏が来たり。
(まずは)
それでは、春のスタ―、桜はどんな風に??
まず一番に見に行くのは、早咲きの河津桜。
この桜は、某市民大学の記念植樹。毎年、育ちの確認に!!
まさに、満開の桜!早めに来たかいがありました。
次に、見に行くのは、名付けて孤高の桜。
やりました!今年も無事に、花を咲かせていました。
この桜、孤独且つ相当の高齢。毎年、安否確認が恒例!!
           (河津桜)                                                       (孤高の桜)
年1  年2
(次に)
次に行くのが、そうです! あの橋のたもと!!
橋の上から、まずは、北側をパチリ。そして、南側も!!
ただ、河津桜に合わせて来た為、一分未満咲き。
あのいつもの桜並木とは、行かないのは止む無し!
まさに、桜のつぼみ並木。それでも、延々と続く桜には、感激!!
ただ、その状況でも、いつもの様に感じます。 
南側の方が、咲いてる花の数が多い!不思議です。
           (北側)                                      (南側)
年3  年4
(続いて)
続いて確認するのは、大好きな枝垂れ桜。
不思議な事に、枝垂れ桜の方が、開花が早い!!
例年とほぼ同じ程度の開花状態。それも、ほぼ全ての枝垂れ桜!!
どうしてだろう?? まさか、えっちゃんの為!?!
続いて、見るのは、いつもの様に、桜のトンネル。
こちらは、枝垂れ桜の様には行かず、蕾のトンネル。
こちらは、チョッとどうかなとは・・・・。
それなりに、花見に満足、帰途に! さて、来年は・・・?
                  (枝垂れ桜);                                                (蕾の)
 年5  年6

「筍」
昨年は、親竹の確保も出来なかった程の大不作!!
さて、季節が行ったり来たりしている今年は、いかに?!?
(最初に)
4月に入り、2~3日置きに、見て回りましたが、なかなか・・・。
これは、昨年同様かと思い始めた月半ば頃、遂に!!!
まず、発見したのが、北側の道路と藪の間に3本。
これは、いけると思い、東側に回ると、こちらは、一本もない。
首を傾げながら、南側に回ると、何んと!!
太いのが出て来ていました。いつもは、細くて且つ遅いのですが・・・。
長年のしきたり、今年も反抗的な筍!?!?!
           (北側)                                                       (南側)
年1  年2
(竹藪に)
いつもと違うなと思いながら、竹藪に入ると・・・。
こちらは、一目、ノキノキと筍!!!
しかも、一本、一本が太く、一昨年より一回りも!!
いつもは、第一番の筍を親竹として残すのですが・・・。
生育すれば、えっちゃんの手に負えなくなります。
残念ですが、収穫し、二番筍を親竹することに。 
続いて、いつも、なかなか出てこない裏庭を見ると、ニョキっと!
収穫初日に筍を見つけたのは、初めて!! うーん?!?
           (竹藪の中)                                      (裏庭)
年3  年4
(収穫)
結局、この日の収穫は、まずまずの16本。
初日にすれば、出足好調との判断が可能でしょう。
勿論、親竹候補を収穫したと言う、問題残しですが。
収穫した筍は、美味しく頂きました。
食べきれない分は、毎年、楽しみにしている方々に。
宿題として残った東側は、三日後の筍狩りで収穫。
これで、全ての場所の収穫となり、出足好調!
後の課題は、親竹候補の確保ですが・・・。
この調子では、まず、問題なしと判断!
                  (収穫);                                                (東側)
 年5  年6

「動物?!」
農園の周りで、不思議な事が起こっています。
何んと、何んと、大きな大きな動物の出現です。
(象)
ある時、いつもの様に、南側の景色を眺めていると・・・・・。
なんとなく、違和感が・・・。その方向にを凝らすと!!
何んと、何んと、象が大きな木の後ろで、水浴びを!!!
いつもは、全体の景色をボーと見るとのですが・・・。
どうやら、直前のテレビで、象が出てきたのが原因か?
しばし、不思議な自然の現象に、時を忘れて、見つめていました。
           (象?)                                                       (象の絵)
年1  年2
(熊)
次に、南西の方に歩を進めると、またまた、居ました。
象を見た後の目のままで、景色を見る所為でしょうか??
今度は、熊!!こちらも、最近、盛んにテレビに!!
見方によっては、象に吠えてる様に。斜めを見ている様にも。
更に、こちらの熊には、厄介な問題が発生。
光の方向によっては、こちらを眺めているのです!!
           (熊?)                                      (熊の絵)
年3  年4
(犬?)
続いて、北に向って歩いていると・・・・。
真かと思いましたが、こちらの方にもいました!
電柱の後ろに! 動物が! こちらは、完全に、犬です!!
仕事に忠実! 熊に向かって威嚇しています。
三つの中では、一番、動物感のある姿です。
この発見以来、景色を見る楽しみが、更に増えました。
ただ、困ったことが一つ!喫煙所から見ると・・・・。
正面に熊が!また煙かと怒っている様で!!!
                  (犬?);                                                (犬の絵)
 年5  年6

「5月の農園」
5月は、農園の景色が、一変する月。
それは、まさに、えっちゃんが好みとする水の世界!!
(東側)
まずは、東側から見るのが、いつもの習慣。
やはり、例年の通り、こちら側は、田植え前。
気にせず、撮影開始。すると・・・・、やりました!!
向かいの森が、水面に写り、いつも以上に近くに見えます。
次は、東側から農園を! そこにあるのは・・・・。
湖に浮かぶ孤島! 乙女子が眠っているのか?!?
           (東側を)                                                       (東側から)
年1  年2
(南側)
次に、南側に回り、農園の方を見ると、やはり、いまいち。
そこで、これもいつもの様に、南西に回ると・・・。
ありました! 湖に浮かぶ孤島の岬にポツンと一軒家が!!
農家か? それとも、湖の漁師か?? いや、違う!!!
農園に戻り、南側を見ると、水、水、水の世界!!
この景色を見ることが出来るのは、えっちゃんと来園者のみ。
その幸せを、噛みしめながら、しばし眺めていました。
           (南側から)                                      (南側を)
年3  年4
(西側)
続いて見るのは、当然のことに、西側からのショット。
そこに有るのは、いつもの様に・・・。
湖に浮かぶ孤島へと、延々と続く、あの橋!!
この直線と農園の椿の垣根の水平線との対比が!!
農園から見る西側のショットは、いつもの様に、夕焼け!
沈む太陽と、その光線が水面に写るのが大好きなのですが・・・。
今は、障害物ができ、太陽のみのショットに!
人工物が徐々に農園に迫ってきます。
出来る事は、このショットをこのホームページに残すのみ!!
                  …(西側から);                                                (西側を)
 年5  年6

「草刈り」
毎年、同じ作業を何回も行う必要があるものが!!
それは、草刈り! 今回は、第一回目。 頑張ります!!
(北側)
まずは、北側から始めるのが、いつものパターン。
こちらは、距離は長いのですが、性格の良い草が多い。
マシーンも調子良く、順調に刈取りが進展。
問題となる、通行人も、始めと終りに車が一台づつ。人はなし。
最近にない環境となり、20分程度で終了!
今回は、調子が良いとニンマリとしていたのですが・・・。
           (草刈り前)                                                       (草刈り後)
年1  年2
(西側)
北側に続いて、いつもの様に、西側を開始。
こちらは、北側と違い、性格の悪いのが多いのですが・・。
この時期には、まだそいつらが居なく、距離も短い。
簡単に終わる予定だったのですが・・・。
油断大敵!突如、ナイロンコードカッターが終了!!
やむえず、金属カッターへの取り替え開始。
初めての事で、取り替えに、一時間以上かかりました。
草刈り自体は、10分もかからなかったのですが・・・・。
           (草刈り前)                                      (草刈り後)
年3  年4
(南側)
続いて行ったのは、いつもの様に、南側。
こちら側は、西側よりも短く且つ性格良し。
気を付けなければならないのは、花が多い。
間違って、切ってしまえば、どこからか雷が!?!
慎重に、且つ、軽快に、作業を開始。
アッと言う間に、草刈り完了! 花の被害も無し!!
調子に乗って、いつもは、別の日にやる洗面台前も!!
数分で終わり、第一回目目の草刈り完了!!
刃の交換も含め、二時間半の作業でした。うーん?!?
                  …(草刈り前);                                                (草刈り後)
 年5  年6

「筍、結果は?」
昨年の大不作を挽回すべく始まったのが、今年の筍採り。
さて、それでは、その最終結果は、如何に?
(親竹)
まずは、前回報告した、大切な親竹についてですが・・・。
二回目及び三回目の収穫時、無事確保!!
いつもの様に、枯れを考慮し、10本程度確保。
三回目の収穫の時には、藪と道路の間の崖にも、登場!
この場所に出てくると、いつも筍の本格化に!!
・・・・となる筈なのですが?!?
           (親竹)                                                       (崖の筍)
年1  年2
(特長)
今年の特長の一番目は、藪より遠く離れた所での出現。
写真の筍は、農園の塀の外に出て来たもの。
藪からの距離は、10メートルほどに!!
同じような距離で、裏庭にも何本か!?
当然、大きくなるまで、気がつかず、切る羽目に!
もう一つの特長は、成長が極端に早いものが!!
二、三日に一回の収穫では、食べられる時を・・・・。
結局切り倒す以外なく、残念な事が、続発の状況。
生えてくる筍は、ある意味豊富なのですが・・・。
           (離れた所に)                                      (成長が)
年3  年4
(更に)
更に、もう一つの特長は、前回にも報告の通り、太い!
写真の筍は、今年一番の太い筍。
五月初めに出現したもので、藪の外に!!
周りの筍も太い方で、その巨大さの想像を!!
勿論、残念ながら、切り倒し。
数的には、最初の収穫から、徐々に、減少!!
五月半ばに、遂に一本となり、更には・・・・。
ゼロと一、二本を繰り返し、27日が最後に!!
結局、出現数は並み以上。収穫数は、並み以下でした。
                  …(太い!前);                                                (最後の)
 年5  年6


  web拍手 by FC2

  

このページのトップへ↑
inserted by FC2 system